清瀬市の家庭教師の先生

登録日:2018/09/21

性別:女性

学歴:大学文学部

通勤手段:徒歩、バス 公共交通機関

指導エリア:東京都清瀬市

指導経験:学習塾

アンケート:
【家庭教師になる意気込み】生徒さんの勉強に対する苦手意識を少しでもなくしていきたいと考えています。そのためには、生徒さん、保護者の方とのコミュニケーションをしっかり取ることで、生徒さんがどこでつまずいているのかを具体的に発見し、生徒さんに合った指導方法を探していきます。
【生徒さんへのアドバイス】苦手なものや嫌いなものの克服は、すぐ克服しようと急ぐのではなく、1つ1つ片付けていくことが大切だと思います。
【趣味や好きな事】読書(漫画有)、アニメやドラマを見ること
【塾や習い事の経験】茶華道、ソフトテニス部、美術部、文芸部、漫画研究会
【習い事をして良かったことは】今まで知らなかったことを学ぶことができた、共通の趣味を持つ友達が増えた、同じ部活でなかったら話さなかったような人とも話せて友達になれた、先輩後輩の繋がりができた、ということです。
【勉強のモチベーションの上げ方】場所を変えて勉強をすることです。例えば私は高校生の頃、よく学校の図書室や町の図書館で勉強をしていました。あと、タイマーをセットして「この時間だけ集中してやって、この後〇分休憩を取ろう」ということもしていました。
【おすすめの勉強方法】全教科に当てはまると思うのですが、ワークに直接書き込んで問題を解くとき、私はフリクション(オレンジ色)で解いていました。解き終わったあとは赤シートで答えを隠せるので、暗記本になります。また、テスト週間の時、勉強の計画を立てる際には1週間で考え、1日予備日(予定通りにいかなかったものをやる日)を設けていました。
【好きな教科・得意科目】数学、公民(現代社会)
【好き・得意になったキッカケ】数学は中学1年生の時の数学教師が好きだったことと、進研ゼミのEVERESというライブ授業で数学のテクニックを面白く教わったことがきっかけです。公民(現代社会)は高校3年生の夏期講習と冬期講習で教えてくださった講師の方の指導方法と人柄が良かったことがきっかけです。
【苦手な(苦手だった)教科・苦手な(苦手だった)科目】英語、国語
【苦手になった・苦手を克服したキッカケ】英語は暗記帳を見ても単語がなかなか覚えられないことがきっかけです。国語は以前は苦手でした。しかし、高校の現代文教師と古典教師がどちらも分かりやすく指導してくださったり、長期休暇に希望者を募って講座を開いてくださったりしたおかげで、苦手意識がなくなりました。

無料体験レッスン
家庭教師のランナーについてよくわかる!最新のパンフレットはこちらから! 人気ページランキング
20位以下はコチラをクリック!
テキストのコピーはできません。